ウェブ上のサービスについて

ウェブ上のサービスについて

ウェブ上で展開されるサービスは、無料・有料のもの、仕事用・娯楽用のもの、様々なものがあります。
仕事用のものでは、ウェブ上でプロジェクトの進捗管理ができる、というサービスがあります。

会社に集合して、プロジェクトの打ち合わせを行うのは大変、という場合もあるでしょう。
社外に出かけている社員も含めて、打ち合わせなどができるシステムがあれば、便利ですね。

ただし、情報の漏洩などには気をつけなければいけませんし、実際に顔を合わせて話すことにもメリットはありますので、全員集合しての会議もゼロにすることは不可能でしょう。
ウェブ上のプロジェクト管理サービスと、全員で集合しての会議と、併用できれば業務の効率は上がっていくでしょう。

さらに、最近は「ウェブ上で本が作れる」「個人で電子書籍を作成できる」というサービスが注目されています。
電子書籍のメリットは「コンパクトさ」でしょ。
広辞苑や百科事典のようなものも、電子書籍を読む端末に納まりますので、とても便利です。

そして、一個人が本を作るということは、企画出版にせよ、自費出版にせよ、「大変なこと」という意識があったものです。
しかし「大変だから」と諦めていた人が、ウェブ上のサービスを利用できるなら、本を書くことに挑戦しよう、と考えるようになるかもしれませんね。

ちょっと変わったウェブ上のサービスとして「政治家のウェブ上の風評」をクリーンなものにする、というものもあります。



ティッシュ代を節約
ティッシュ 半分(ハーフサイズ)

節約生活の暮らし情報
節約生活